FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽りの一億DL その背景

恐らく既にカウンター上は越えてると思われる
ダウンロード一億と言う数値

何故偽りと言ったかは、プレイヤーならわかると思います
この数値の殆どがリセマラによる水増しだと

つまり、一億ダウンロードとは
一億人がゲームを遊んでみた
などではなく
ガキどもが必死にリセマラした総計が一億越えました
なのである

つまるところ、この一億は汚名とも取れるわけです

では、このリセマラの背景を探ってみよう

まず、キャラが頻繁に出る上に限定はスキル性能がゲーム性崩壊するレベルのものが多い
そのスキル性能(無敵、高火力、超回復)を大前提にクエストを作成するので古いキャラでは火力不足や耐久不足が非常に目立つ
かつ、救済措置が現状ほとんど無いに等しい

上記の理由により、旧キャラを捨て新キャラをリセットの繰り返しで当てる方がクリアする分には楽になると言うのが現状である

無論、タウン強化等で底上げしたキャラと新規プレイヤーの強キャラでは基本性能にかなり差は出る
が、それを無視できるほどのスキル性能があるので、よほどタウンが育ってない限りリセットするプレイヤーが出てくると言うわけだ

次に1キャラを狙ってガチャを回すと最悪100連でもダメと言う事があること
配布は多いので無課金でも11連を頻繁に回すことは可能なので、よほど運が悪くなければ回してれば出ることが多いが
言い換えればリセマラの時のリセットまでのガチャ回数が増えるとも言えるので
確実にほしいと言う場合はリセマラする人が増えるだろう
特に今の子供はリセマラが当たり前になっているので尚更だろう

さてはて、ここまで言ってひとつの疑問が浮かぶだろう

じゃあ、長くプレイするメリットは?

答えとしては運営が唯一の聖域として設けた
同じキャラは二度と出さない(イベント配布キャラ等は除く)
だろうか
気に入った外見、職業のキャラは入手しておかないと二度と手に入らない
これにより、後から始めた人はガチャから消えたキャラは入手不可能と言うデメリットが出る
これは、コラボ等にも言えることである
後は、タウンでの強化で差がつけられる事ぐらいだ
しかし、こちらはイベントクエの再配布がそれなりの頻度でされるようになったので価値が下がった

これにより、キャラの外見や声と言った部分に重点をおかない俺ツエーがしたいだけのガキが増えた現状では
リセマラの横行は当たり前とも言えるのである

これを解消するきっかけになるかと思われた神気解放も
他ゲーで言うところのSがSSやLになるのではなく
S+程度にしかならず
かつ、最新のキャラは最初からSSやLクラスと言った強さなので
神気解放()覚醒()と言う結果しか残らなかった

もし、これが
最新のキャラがS+として覚醒した結果SS+になるぐらいなら
長くやる理由として使えたと思うし
いろんなキャラを引く理由にもなる
引いておかないと、覚醒して大きく化けたときに手元に存在しないと言う結果になるからだ
そして、そのキャラが欲しいと言っても入手手段は一切ないので
覚醒キャラよりランク下になる最新キャラで頑張るしかない
長くプレイすればそのキャラも覚醒して強くなる

と言った流れになる
リセットにデメリットが生まれるわけだ
また、現行最強は絶対に手に入らないと言う枷が俺ツエーしたいだけのガキにストレスを与え、プレイヤーの中からゴミが減ると言うメリットも生まれる

白猫は良ゲーではない
一億DLという汚名を堂々と掲げる程度の脳みそしかないゲームなのだ
DL数で期待はしないように
1億もリセマラするぐらいガチャゲーだということなのだから
軽い気持ちで手を出せば心が病みますよ

最近ではDL数をカウントするときは数日間プレイ実績のあるもののみとする運営も増えています
コロプラはそんなことしてませんが
それは、上記のような理由があるからです
リセマラで盛ったカウントなど汚名でしかないですから

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るにゃ

Author:るにゃ
PCゲーム、ソシャゲ、PSVITA、3DSと割と色々やってます。
ブログ更新自体は相変わらずの気まぐれです。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。